研修会・講習会のご案内

テスト講習会5

終了

平成25年7月20日 (土)、21日 (日) に東京体育館第一会議室にてスポーツリーダー養成講習会が開催されました。   【1日目】 講義1:スポーツ医学 講師 丸山 麻子 氏 (順天堂大学スポーツ健康科学部 助手) スポーツ指導者に必要な医学的知識というタイトルのもと、スポーツに対する医学的視点から多岐にわたる内容の講義が行われました。まず、スポーツと運動の分類や老化による機能低下に対しての運動の必要性が述べられました。メタボリックシンドロームのほか、聞き慣れないロコモティブシンドローム (運動器症候群) というものについても問題が示されました。また、実際のスポーツ活動中に発生しやすい内科的疾患や外科的傷害についてもお話がありました。スポーツ現場で起こり得る、突然死や熱中症、貧血、オーバートレーニングといった内科的疾患、骨折などの傷害について具体例が挙げられた他、対処法としての救急蘇生法や、予防策としての指導ポイントなどが示され、内容盛りだくさんの講義となりました。   講義2:スポーツと栄養 講師 河谷 彰子 氏 (公益財団法人日本ラグビーフットボール協会セブンズアカデミー栄養アドバイザー) アスリートに必要な食事と栄養についての知識について講義が行われました。自身の経験を交えて、子どもへ指導をするときには具体的に示し、一度にすべてを改善するのではなくスモールステップアップで改善していくことが有効であることが示されました。栄養バランスのとれたメニューや補食のとり方を、具体例を示しながらわかりやすく説明された他、指導の際には相手に伝わる伝え方をすることが大切であるとおっしゃっていました。   講義3:文化としてのスポーツ 講師 石井 昌幸 氏 (早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授) スポーツの歴史や概念を中心に講義が行われました。スポーツの語源や発祥から、近代スポーツに至るまでの発展の歴史や概念の変遷について述べられました。また、スポーツは自己目的的活動であることや、スポーツマンシップ、フェアプレイが基盤となるといった、文化的視点からのスポーツを講義していただきました。   講義4:地域におけるスポーツ振興 講師 作野 誠一 氏 (早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授) 政策的な視点から地域におけるスポーツ振興について講義が行われました。スポーツ行政は、総合行政であるということから、スポーツ政策の推進は様々な機関が協働で行っていく必要があるということを述べられました。地域のスポーツ振興には、総合型地域スポーツクラブが大きな役割を果たすとし、その形態や運営などについて説明していただきました。また、日本では単一種目・小規模のスポーツ少年団が数多く存在することから、このスポーツ少年団が今後変化を起こし、地域スポーツクラブとしての役割を担っていくことが期待できるとおっしゃっていました。   【2日目】 講義5:トレーニング論、講義6:指導計画と安全管理 講師 守田 誠 (日本スポーツ振興センター マルチサポート事業 男子柔道担当) 「指導計画と安全管理」、「トレーニング論」をテーマに講義が行われました。「指導計画と安全管理」はテキストの内容を十分に踏まえながら、より効果的な指導と現場で起こり得るさまざまな危険性について講義がなされ、「トレーニング論」では、体力の区分、パワーの定義、エネルギーの供給機構などの運動生理学的基礎知識を踏まえたうえ、トレーニングの目標と作成における注意事項などに関する全般的な知識が得られる講義となりました。多くのトップアスリートをサポートしてきた経験をもとに、専門知識を交えて現場で実践できる具体的なお話しをしていただきました。   講義7:ジュニア期のスポーツ 講師 杉崎 範英 (千葉大学環境健康フィールド科学センター 准教授) ジュニア期の生理学に基づいた身体的・心理的特徴について講義がなされ、指導上の戦略や注意事項などが説明されました。また、生涯を通して身体の変化が最も激しい時期であることから、この時期に起こり得る怪我や障害についても細かく説明していただき、ジュニア期のスポーツ活動を安全で、楽しいものにしていくための知識が得られる講義となりました。   講義8:指導者の役割 講師 川村 元雄 (FC東京 普及部スタッフ) 子どもからトップ選手まで、様々なレベルの選手によるサッカープレーの映像で講義が始まりました。熱心にスポーツに没頭している選手を支え、指導し、リードしていく指導者の役割には、技術の指導だけでなく、フェアプレーやリスペクト(思いやり、大事に思うこと)精神の涵養も含まれると説明されました。また、これらの指導ができるように、指導者自身のコミュニケーションスキルと分析力の向上にも力を入れるべきであるとし、練習の一つとしてグループワークも行われました。

研修会・講習会の概要

詳細
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細
対象
対象対象対象対象対象対象対象対象対象対象対象対象対象対象
実地日時
実地日時
会場
会場
お申し込み
お申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込み込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込み